1月の引っ越し。

私が成田空港から電車で30分程にある大型シェアハウスに引っ越したのは、その年の1月のとある晴れた平日。その頃のわたしは、何処でもいいから引っ越ししなくては、と言う強迫観念に迫られていた。

その前は、秋葉原駅から電車で約40分程の郊外のやはりシェアハウスに住んでいて、とあるシェアメイトの圧力にアワアワしていた。詳しくは書かないが、彼女から逃れなくては、精神的にダメになる、と思って、引っ越し先を探していた。

成田空港の近くのシェアハウスは、マネージャーが常駐していて、電話で見学を希望すると、すぐに予定日を提案してくれ、最寄りの駅からちょっと歩くが、見学日には、マネージャーが車で駅まで送迎してくれた。

道路側でなく、庭に面した端の部屋が空いていた。2階なのでエレベーターの狭い空間に誰かと鉢合わせする必要もない。階段ですぐ部屋に行ける。

その日のうちに手付金を払い、部屋を押さえた。1週間後に、引っ越しを終えた。

それから私は、7月のとある日まで、シェアハウスのイベントにも出ずに、本とアフェリエイトとお寿司を楽しみに、生きていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です